千葉市で失敗しない薬剤師の求人探しの仕方

薬剤師1

薬剤師は国家資格ということもあって高い人気を有する職業の一つです。しかし、職場によっては勤務条件が厳しかったり、人間関係がうまくいかずに転職を考えざるを得ない場合もあるでしょう。そのような場合に、上手に求人探しをすることができるように、以下では千葉市の求人事情を例にとって失敗しないためのポイントを見ていくことにしましょう。

合わせて読む:野田市で求人を探す薬剤師が理解しておきたいこと

転職を検討した方がよい場合とは?

まず最初に、そもそもどのような場合に転職を検討すべきかについて見ておくことにしましょう。薬剤師の職場は好条件であることが多く、一時の気の迷いで転職してしまっては、後々前の職場の方が待遇が良かったといって後悔することになりかねないためです。

転職を検討した場合とそうでない場合の違いは、転職を希望するに至った事情が解消できる可能性があるかどうかという点にあります。例えば、職場で特定の上司や同僚とうまくいっていなかった場合であっても、その相手が職場からいなくなることが分かっているのであれば、それまでは我慢して働いた方がよいかもしれません。

逆に、いつまでその相手と一緒に仕事を続けなければならないかが分からないということであれば、変にストレスをため込む前にすっぱりと転職してしまった方がよいでしょう。また、会社や職場に問題がある場合に、上司が「そのうち何とかするから」と言っているときは注意が必要です。

明確な期限を切らずに説得されてしまうと、うやむやにされて結局しんどい状況で働き続けざるを得なくなってしまう恐れがあります。もし上司が状況の改善に言及して転職を思いとどまるように説得してきたのであれば、いつまでに改善してくれるかしっかりと言質を取ることが大切です。

もし明確や期限を約束してくれないようであれば、その場合にも転職してしまった方が良いかもしれません。

転職に失敗するケースとその回避策とは?

転職して失敗したということにならないようにするには、どういった失敗が良く起こりがちであるのかを知っておくことが大切です。そこで次に、典型的な転職の失敗事例とその回避策をいくつか紹介しておくことにしましょう。

まず一つ目は、転職してみたらもともと提示されていた職場環境や就労条件とまったく違ったというケースです。口頭で受けた説明だけを信じて転職してしまったような場合に起こり得る事例で、これを回避するためには、書面でしっかりと条件を取り交わしておく必要があります。

二つ目の事例は、転職活動時の面接では非常に丁寧に応対してもらえたので転職を決めたところ、転職した途端に態度が豹変してきつい言葉を掛けられるというケースです。これはある程度はやむを得ないのですが、あまりにひどい職場に転職してしまわないように、転職を決める前には実際にそこで働いている人に話を聞いてみたり、インターネット上の口コミなどを見て、職場環境に悪い評判がないかどうかをしっかりとチェックしておくとよいでしょう。

三つ目の事例は、転職してみたら周りに相談できる人がおらずに孤独を深めてしまうというケースです。転職した場合には、一から人間関係を構築しなおさなければならないというのは自明であるわけですが、そのことをあまり意識せずに転職すると後になって後悔することになりかねません。

社交的な人であれば周囲と打ち解けるのにさほど時間はかかりませんが、自分はそうではないと感じるのであれば、転職によってそういったケースに陥るリスクがあるということを把握したうえで本当に転職すべきかどうかを判断するべきです。

千葉市の転職で失敗しないために行うべきこととは?

ここからは、千葉市において転職活動を行う場合に、失敗しないためにどういったことを行うべきかを見ていくことにします。ここでもっとも大事なことは信頼のできるエージェントを選ぶということです。千葉市で転職サービスを提供しているエージェントは、大手から中小に至るまで数多くありますが、なかには持っている求人情報が限定的であったり、企業から手数料を得るために希望に合致しないところに転職させようとするところもあります。

そのようなエージェントに登録してしまうと、せっかくの転職の機会が台無しになってしまいますので、信頼できるエージェントを見つけ出すことが転職を成功させるためには何より重要なのです。この点、信頼できるエージェントの要件として挙げることができるのは、利用者の転職成功率が高いこと、取り扱っている求人数が多いこと、薬剤師が多く登録していること、厚生労働大臣から許認可を得ていることの4つです。関連…薬剤師求人

これらの要件をすべて満たすのは、マイナビ薬剤師や薬キャリといった、薬剤師に特化して転職支援サービスを提供している大手に絞られますので、特に強いこだわりがないのであれば大手のエージェントの中で自分の希望に合いそうな2、3社に登録して転職活動を行うようにするとよいでしょう。

千葉市の薬剤師事情とは?

薬剤師13

千葉市で条件のよい薬剤師の求人情報を見つけるためには、そもそもどの程度が平均的な待遇であるかを知っておく必要があります。この点、厚生労働省が平成28年に公表した「薬剤師調査の概況」によると、千葉で働く薬剤師の平均年収は503.7万円となっており、これは全国平均で第26位の水準です。

薬剤師総数は13,556人で、人口10万人当たりにすると176.2人の薬剤師が存在する計算です。従って、年収が600万円を超えるような求人は平均的な水準よりも好条件であると考えてまず間違いはないでしょう。

具体的にお勧めの求人情報について

薬剤師7

最後に以上の点を踏まえて実際にお勧めすることができる求人情報があるのかどうかを見ておくことにします。ここでは、大手エージェントサービスの一つである日経DIキャリア上で検索することができる千葉市の求人情報をもとに案件を紹介するのですが、数ある求人のなかでも千葉市中央区にある調剤薬局の求人です。

最寄駅はJRの蘇我駅となっており、完全週休2日制で年間で130日も休みが取れることになっています。それにもかかわらず年収は650万円から750万円と県内の平均を大きく上回る水準となっていますので、ワークライフバランスを重視しつつ収入を増やしたいという方にはお勧めの案件であると言えるでしょう。

もう一つのおすすめ案件は、同じく千葉市中央区のもので、最寄駅である大森台駅から徒歩19分と少し離れた場所にある調剤薬局が行っている求人です。おすすめポイントは土日休みで平日も18時で勤務時間が終了することに加え、研修制度も充実しているという点です。

それでいて、年収も600万円以上が保証されています。