野田市で求人を探す薬剤師が理解しておきたいこと

薬剤師13

野田市で薬剤師として働いていきたい、転職先を考えたい、復職先を探したいといったときには理解しておくと役に立つことがいくつもあります。その中でも求人を探し始めるときに有用なノウハウを紹介するので参考にしましょう。

理想的な求人を見つけられるようにするための基本なので早い段階で一読しておくことをおすすめします。

合わせて読む:千葉市で失敗しない薬剤師の求人探しの仕方

野田市の求人傾向について知ろう

野田市で薬剤師として働くために求人を探すのなら、まずは全体的な傾向について理解しておくことが肝心です。野田市では薬剤師の募集は活発に行われているので求人が豊富にあります。やりたい仕事を見つける、希望の待遇が整っている職場を探し出す、働きやすい環境や雰囲気が整っているところを選ぶといったことが可能な地域です。

職場の種類としては調剤薬局とドラッグストアが主体ですが、病院からの求人もしばしばあるので病院薬剤師として臨床現場で働きたい人も職場を見つけられるでしょう。調剤薬局とドラッグストアは各種チェーンからの募集があるので自分の考え方や好み、待遇などに応じた選択が可能です。

雇用形態としては正社員の募集とパートの募集が半々くらいになっていて、両方を同時に募集しているところもあります。特に調剤薬局とドラッグストアでは両方とも募集していることが多いので、これからずっと働く場所を見つけるために正社員の求人を探しても、プライベート主体の生活を送るためにパートの求人を選んでも良いでしょう。

どちらも野田市内の広い範囲にわたって募集があるため、近隣で仕事をしやすいというのもメリットです。ただし、病院については正社員の募集が中心で、場所も限られてしまうので注意しなければなりません。

派遣薬剤師も候補にできる

ワークライフバランス重視の働き方をしたい薬剤師からは派遣社員として働くこともしばしば注目されていますが、野田市では派遣薬剤師も働きやすい状況があります。派遣求人が調剤薬局とドラッグストアから豊富に出されているので野田市内だけに限定して仕事を探しても働き先に困ってしまうことはないでしょう。

キャリアがあれば高い時給で働けることに加え、派遣会社の社員として福利厚生も認められているのは派遣薬剤師として働く魅力です。また、数ヶ月から二年くらいで次の職場に移れるので多様な経験を積むこともできます。

薬剤師の場合には紹介予定派遣を利用することもでき、職場によっては特に希望していなくても引き抜きの声をかけられることもあります。野田市では戦力になる薬剤師をずっと確保できるようにしたいという職場が多いため、派遣社員から正社員へというキャリアパスを描くことも難しくはありません。

派遣会社ではブランクがある人のための支援をしていたり、初めての仕事に就くときにセミナーを受けられたりする制度も整っているので検討してみると良いでしょう。

給料の水準はどうなっているのか

仕事をする上では給料をどれだけもらえるのかが気に掛かる人もいるでしょう。薬剤師の給料は保険制度の影響もあって伸び悩む傾向がありますが、院外処方箋を出すことが浸透してからはかなり給与水準が高くなってきています。

野田市でも例外ということはなく、むしろ周辺の地域に比べても需要が高い分だけ給料も少し高めになっているのが実態です。病院薬剤師の場合には正社員で働くと300万円から450万円くらいの年収が相場になっています。

調剤薬局では400万円から600万円、ドラッグストアでは350万円から650万円程度の求人が典型的です。パートの場合には2000円から3000円という時給が調剤薬局でもドラッグストアでもよく見かけられます。

基本的には経験者が優遇されるようになっていて、未経験の人やブランクがある人は最初は低めの給料になることは否めません。ただ、経験を積めば昇級の可能性もあり、それが叶わない場合には転職してより良い待遇で働けるようにするという道もあるので前向きに職場を決めるようにしましょう。

勤務条件についての実態も知っておこう

病院、調剤薬局、ドラッグストアのそれぞれについて勤務条件がどのようになっているのが一般的かも知っておきましょう。病院については24時間体制で薬剤師が常駐するようになっているので、シフト制で土日祝日も含めて働くことになります。

ただ、大半の日は9時から17時30分という形で働けるようになっていて、残業はあまり多くない傾向があるのが特徴です。調剤薬局は月曜日から土曜日が勤務日になっていて、営業時間が9時から18時または18時半というのが普通です。

週休二日で日曜日と平日のうち1日が休みで、基本的にはシフト制になっています。職場によって毎週同じ曜日に休めるところもあれば、交代制で休める曜日が違うところもあるので注意しましょう。残業についてもあまり多くはないところが多く、月間で5時間から20時間くらいになっています。

ドラッグストアの勤務時間は一概に言うことはできません。朝は9時か10時に営業開始で、その30分前から勤務開始というパターンが多くなっています。営業終了が21時から24時程度で、その後の片付けが少し必要になるのが通例です。

シフト制なので正社員の場合には朝から働くか、午後から働くか、夕方から出勤するかのどれかになる場合が多いでしょう。ドラッグストアは土日祝日も開いているので休日は不定期ですが、週休二日はきちんと確保されています。

残業時間は月間10時間から20時間程度のところがほとんどで、勤務時間が遅くなる日が多いことや土日祝日も出勤することが頻繁にあることに問題がないなら働きやすい環境があると言えるでしょう。

探し方のコツも押さえておこう

野田市での薬剤師求人の探し方にはコツがあります。調剤薬局やドラッグストアの求人は薬剤師専門の転職エージェントや求人サイトに豊富に掲載されている傾向があり、病院の求人はハローワークでの募集が豊富なのが特徴です。

薬剤師の獲得競争が繰り広げられているため、人材紹介会社を利用するケースが多いのがこのような状況を生んでいます。病院からの求人も転職エージェントを使って探せる場合も多いことを考慮すると、転職エージェントを活用するのが合理的でしょう。

派遣薬剤師になることも考慮しようと考えている場合には、派遣求人も同時に取り扱っているエージェントを利用するのが効率的な探し方です。